《薬都とやまからの贈り物》 「メグスリノキの九宝茶」シリーズ

日本にしか自生しない薬草の一種として使用されてきた「メグスリノキ」をベースに9種類のハーブを美味しく飲みやすくブレンド

メグスリノキは日本の山間地にしか自生しない日本固有の木で、古くから「長者の木」、「千里眼の木」と呼ばれ薬草の一種として使用されていました。

今でも、薬膳文化は脈々と受け継がれ、富山県上市町の大岩山日石寺では、参拝者の健康を願い祈祷日にメグスリノキのお茶を振る舞う風習があります。

そのメグスリノキをベースに9種類のハーブを美味しく飲みやすくブレンドしたのが、この「メグスリノキの九宝茶」シリーズです。「越中の売薬さん」の薬都富山から、からだ想いのブレンドティーを贈ります。

【九宝茶】長者の木と呼ばれるメグスリノキを中心にバランスよくブレンドされた、からだ想いの一杯。
【元気やちゃ】ウコンのパワーで体の中から活力を!ペパーミントのアクセントで清涼感ある一杯。
【若々しいちゃ】生姜、柿の葉を中心にブレンドされた、ビタミン豊富でポカポカと温まる一杯。
【懐かしいちゃ】紫蘇の香りにどこか懐かしさを感じるこころ静かに安らぎの一杯。
【癒されるちゃ】リラックス効果の高いカモミールが香るホッと落ち着く一杯。

楽天ページへ移動